チャット機能に仮想通貨トークンを管理するウォレットを搭載したことでより簡単に仮想通貨の送付・受領、管理を可能にした新型TokenWalletアプリです。


チャレットのチャット機能は、チャット上で二次元コード(ウォレットアドレスをQRコード化したもの)を簡単にフレンド間で送受信できます。
受け取った送付先情報はタップして簡単に読み込めるので、仮想通貨のやりとりをスムーズに行えます。
また、テキストメッセージ・ボイスメッセージ、カメラやアルバムの写真なども簡単に送受信可能。



受け取った仮想通貨送付情報の二次元コードを端末上から読み込むと、送付内容を入力する画面が表示されます。
送付内容をサクッと入力してそのまま送付すれば完了!
これまでの仮想通貨のやりとりで必須だった、相手のウォレットアドレスを自身のWalletに送信するといった手間はチャレットでは必要ありません!



取引履歴がまとめて見れる

チャレットを利用して仮想通貨を取引した履歴は一覧でまとめて表示されているので、わかりやすい!

相場変動チャートもチェック可能

24時間/1週間/1か月/1年分単位ごとのチャート表示で仮想通貨の相場変動も確認できます。

仮想通貨の関連メディアを掲載

日本語、英語、中国語の仮想通貨関連メディア情報にアクセスが可能。



チャレットではプライベートキー(秘密鍵)はお客様の端末内に保存しており、弊社サーバーでは一切保管しておりません。
取引所に預けた場合に起こりうるサーバ攻撃による資産流出などの可能性をゼロにすることができます。
また、誤ってアプリを削除した場合、端末が壊れた場合、機種変更した場合などのために、秘密鍵(プライベートキー)のエクスポート/インポート機能を搭載。


ご利用上の注意:

※大切なプライベートキーは、紙に書き写したりQRコード化の後に紙に印刷する等、ご自身で保管しておくことで、万が一の場合に備えることができます。

※スマートフォン自体に不正なプログラムを仕込まれたり、プログラム自身のバグ等による流出リスクは存在します。

 端末の盗難やパスワードの漏洩、印刷したプライベートキーのお取り扱いには充分にご注意ください。



2019.1.10
韓国のブロックチェーン研究教育機関にてChallet採用に伴いWaltonchain Foundation(ウォルトンチェーン財団)と業務委託契約締結

2019.1.9
ウェアラブル機器を組み込んだスポーツウェアの研究開発を行う株式会社ウェアラブルより「Challet」採用に伴うLOI(意向表明書)を受理

2019.1.7
DDM Holding and company LLC(韓国)とChallet採用に伴う業務委託契約締結

2018.12.27
「Challet」がキャッシュレス無人コンビニ「ロボットマート」を運営する株式会社ロボットセキュリティポリスより仮想通貨決済ウォレットの採用に伴うLOI(意向表明書)を受理

2018.12.27
チャット機能を搭載したウォレット海外展開を見据え「Challet(チャレット)」に名称変更

2018.12.05
DDM Holding and company LLC(韓国)よりMIRAIPO CHALLET 採用に向けたLOI(意向表明)受理

2018.11.05
仮想通貨トークンを管理するウォレットにチャット機能を搭載した「Challet(チャレット)」評価版ダウンロード開始のお知らせ